[和訳] The No Starch Diet Basic Food Guide

でんぷん質のない食事療法の基本的な食品ガイド

注意:このリストは、No Starch Diet(NSD)の安全な食品安全でない食品の完全または網羅的なリストではありません。 これは食事療法を始めるための出発点を与えることを目的としています。 あなたの個人的なでんぷん耐性レベルに合うように食事療法をカスタマイズする必要があるでしょう。

避けるべき食品一般的に安全な食品一部の人に悪影響を与える可能性がある食品
このリストまたは他のリストで「安全」と読んだものに関係なく、ヨウ素テストででんぷんが陽性となる食品または飲料。肉 – 鶏肉、牛肉、羊肉、七面鳥、豚肉など



魚やその他のシーフード 

豆腐。追加されたでんぷんの成分を確認してください。
乳製品。これは一般的な問題で、多くの人がでんぷんと一緒に乳製品を排除または削減する必要があると感じています。

シュガー
アーモンドとアーモンド粉 

チョコレート
すべての穀物 – 小麦、糠、大麦、ライ麦、オート麦、米、麦芽、トウモロコシ、キノア、そば、スペルト小麦、ブルガー、クスクス、トウモロコシ、セモリナ、ソルガム、ポレンタ、キビなど生野菜:サラダグリーンとレタス、ほうれん草、紫キャベツ、キュウリ、タマネギ、エシャロット、カプシカム/ピーマン、セロリ、ネギ、ブロッコリー、マッシュルーム、新鮮なまたは乾燥したハーブでんぷん質のスパイス。黒コショウを含むすべてのスパイスはでんぷん質ですが、少量であれば耐えられる場合があります。
でんぷん質の野菜。根菜、じゃがいも、さつまいも、白ニンジン、山芋、タロ芋、キャッサバ大根、ビートルート、セルリアック、トウモロコシ、カボチャ、クズウコン、タピオカなど調理野菜:ブロッコリー、アスパラガス、タマネギ、エシャロット、マッシュルーム、カプシカム、セロリ、紫キャベツ、スイスチャード/シルバービート、コラードグリーン、ケール、生または乾燥ハーブ
レンズ豆と豆類。エンドウ豆、スプリットピー、豆(ベイクドビーンズ、インゲンマメ、大豆、ソラマメ、バタービーンズなど)、ひよこ豆、ダールなどでんぷん質のない新鮮なおよび/またはドライフルーツ、例えば、マスカット、メロン、ライチ、キウイフルーツ、ベリー、ココナッツ、レーズン、サルタナ(ぶどう)、デーツ(ナツメヤシの実)など
でんぷん質のナッツ – ピーナッツ、カシューナッツ、栗、ピーカンでんぷん質のないナッツと種子 – マカダミア、クルミ、松の実、ブランチングアーモンド、ゴマ
でんぷん質の果物 – バナナ、適切に熟成されていない果物、例えば冷蔵果物ココナッツ粉またはアーモンド粉で作った焼き菓子。 アイデアについては、レシピフォーラムをご覧ください。
加工食品のでんぷん質増粘剤 – 1400番台の増粘剤は、加工でんぷんです
http://www.starch.dk/isi/applic/E-numbers.htm
ハム、ベーコン、サラミ、魚の燻製など。でんぷんが添加されていないか材料を確認してください。
ブリーチーズなどのソフトチーズ。白いコーティングはでんぷん質ですマヨネーズ、アイオリ、バルサミコ酢ドレッシング、たまり醤油。でんぷん要確認
フルーツジュース、醤油自家製ザワークラウト
お茶、コーヒー、ハーブティー、果汁のないフルーツジュース、ココナッツミルク/クリーム – 添加されたでんぷんの成分を確認してください
Table of Food Guide

キャロル・シンクレアの本「IBS LowStarchDiet」を読み始めたばかりの場合は非常に役立ちます。 彼女はASとIBSを持っています。 この本は食事療法の背後にある理由とそれがどのようにそしてなぜ働くかを説明します。 それはまたあなたが食べることができるものとできないものを詳細に説明し、あなたにアイデアを与えるためのいくつかのレシピを持っています。http://www.lowstarchdiet.net/

地元の薬局やドラッグストアから購入できるヨウ素溶液を使用して、でんぷんの食品をテストできます。 色のないヨウ素は機能しないため、使用しないでください。 テストするには:食品に数滴を置き、ヨウ素の色が琥珀色から暗褐色または黒に変わるかどうかを確認します。 もしそうなら、食べ物はでんぷん質なので食べないでください。 また、ヨウ素は有毒ですので、ヨウ素が含まれている食品は食べないでください。 果物や野菜に関しては、果物や野菜をいつ選んだか、どのように保管したか(たとえば、熟していないものを選んだり、冷蔵したり)、世界のどこにいるか、栽培されている品種などによって、でんぷんレベルに違いがあります。 したがって、確実にヨウ素でテストするのが最善です。

乳製品自体はでんぷん質ではなく、でんぷんが添加されている場合に限ります(例:カッテージチーズに増粘剤が添加されている場合など)。 でんぷんのためではなく、乳糖とカゼインタンパク質(乳タンパク質)がしばしば問題を引き起こすため、乳製品を避ける人もいます。 それらはクレブシエラ菌の二次的な食料源になることがあります。 一部の人々は、でんぷんと一緒に乳製品を排除するまで、NSDであまり進歩していないことに気づきます。

参考:http://www.kickas.org/asfood.shtml
※個人の和訳のため、参考程度にお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です