2020年、自分に言い聞かせたい言葉

「まず決める、そしてやり通す、それが何かを成すときの唯一の方法ですわ 」

これは某アニメに出てくる言葉なのだが、その通りだなと思った言葉。

仕事は当然、周りからの期待を裏切らないためにも「やり通す」。
これは当たり前の事だけど、今まで仕事に力を入れすぎてしまったんじゃないかと思う。

これからは「もっと自分自身のことを考えて」趣味でも良い、自己啓発でも良い、健康のためでもいい「自分が何を成すべきか、まず決める」「目標を決める」。

そして、やり通す。

「働きすぎるな」

全く仕事しない生活も暇だけど、仕事ばかりして人生潰すのは勿体ないから、ちゃんと目標を持って生きたい。

「できない理由を探すな、できる方法を探せ」

できない理由・やらない理由を探す人って多いと思った。

「絶対やったほうが良いけど、ちょっと面倒なこと」を考えずにシャットアウトする人とか。心に余裕がない人ほど、そういう人が多いかもしれない。

自分がどうか、客観的に見れてないけど、「できない理由を探す人」にはなりたくない。

「一歩ずつ前へ」「塵も積もれば山となる」「継続は力なり」

いろいろな言葉はあるけど、意味は同じ。少しずつだとしても「積み重ねること」が重要ってこと。きっと大きな差が生まれる。

いつも自分に言い聞かせていることがある。

「固定費を下げろ」「普段から贅沢するな」「いつも払ってるものは安く抑えろ」「生活水準を抑えろ」

言葉にすると、いろいろな言葉に別れちゃうけど意味は同じ。チリツモ。

そんな自分はあまりコンビニで買わない。高いの知ってるし、利益率が良い事業だからたくさんあるわけだしね。

荷物送ったり、受け取ったり、切手買うには良い場所だとは思う。

「情報弱者になるな」「知らないと損」

いつもカモにされるのは情弱だと思う。

「仕組みを知ってたら、そんなものにお金を払わないのに」って思うこと実はたくさんあるんじゃないかな。

詐欺なんていうのは、その最たるものだけど、詐欺じゃなくても保険や投資・宗教などでそういったものっていくらでもあると思う。

感情を揺さぶられた時って、もしかしたらお財布の紐狙われているかも?

情弱度合いって測れないから難しいけど、世の中には様々な制度・法律などがあって、そういったものを知っている人ほど節約できたりする。

投資をしない人の中に「損をしたらどうする」とか「元本保証は?」とかいう人いるけど、今自分が置かれている状況の理解や投資に対しての知識があったらそんな事は言わないはず。

「高度経済成長はとっくの昔に終わってるんですよ。」「古い考え方だと、時代に取り残されますよ」と言いたい。

そして、古い時代の名残とかもあるので、そのあたりはうまく活用していければいいかなと思う。

ゲームってルールの中で有利に進めたもの勝ちじゃん?

「アウトプットしろ」

最後に、アウトプットすること。

今までかなり疎かにしてしまったと自覚している。

自分のポートフォリオを築き上げるためにも、今年はアウトプットしていきたい。

ひとまず、このあたりを心に刻んで今年も頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA